5月 31, 2018

ヴィッセル神戸 tシャツ

と、まぁ2失点して結果的には僅差とはなりましたが、そのままなんとか逃げ切って勝利。 ニコスシリーズは得点が全クラブ最多タイの48、失点が全クラブ最少タイの26と安定し、V川崎と1勝差の2位に躍進し、湘南の暴れん坊と呼ばれた。

fc東京 メンバー

6年間在籍していたアジエルが中国・武漢卓爾に、小澤雄希がSC相模原に、西部洋平が川崎に、田原豊が横浜FCに、臼井幸平が栃木SCに、松尾直人が関西サッカーリーグ・FC大阪に、野澤洋輔が松本に、昨シーズン甲府にレンタル移籍していた阿部吉朗が磐田に、ツエーゲン金沢にレンタル移籍していた菅野哲也がSC相模原に完全移籍、石神直哉が大分に、松浦勇武がFC琉球にレンタル移籍、大井健太郎(磐田に復帰⇒新潟へ完全移籍)、巻佑樹(名古屋へ復帰)、佐々木竜太(鹿島へ復帰)がレンタル移籍期間満了につき退団したが、神戸から馬場賢治、山形から下村東美、古橋達弥、パウリスタFCからマセナを完全移籍で、大宮から宮崎泰右、新潟から昨シーズン愛媛FCにレンタル移籍していた大野和成をレンタル移籍で獲得、 松本拓也、古林将太、島村毅がレンタル移籍先から復帰、植村慶、三平和司のレンタル移籍期間が延長、大槻周平、三原向平が新加入した。

柏レイソル ユニフォーム序盤からボールを握ったのはセレッソだったが、「1カ月前にここ(ヤンマースタジアム長居)でのリーグ戦でセレッソと試合をしたときには歯が立たないなという印象があったので、今日はプランを変更して臨んだ」(吉田孝行監督)神戸としては、相手にボールを持たれる展開は織り込み済み。 リーグ戦は、中断後も好調を維持し、一時は2位と勝点差7をつけて首位に立つものの、前年同様終盤に失速。

川崎フロンターレ中国スーパーリーグで得点ランクトップに立つウー・レイも先発メンバーに名を連ねている。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です