5月 31, 2018

セレッソ大阪 移動着

今日は守備面でもかなり改善されているように見受けました。古くはカフーやロベルト・カルロスに代表されるように世界的なサイドバックを輩出しているサイドアタック帝国の一面がある。

横浜f・マリノス 監督

そんな鹿島も世界基準でみるといい選手が海外のクラブに引き抜かれる立場なのです。 この2人は今年の鹿島を引っ張っていくべき選手だと思いますので、大切なACL初戦で大暴れをして欲しいですね。 ウチに戻っても今だと4番手、大卒だし試合に出られる所に行きたいのはわかる。

川崎フロンターレ 選手

その後、対戦相手を4バックに設定したミニゲームも実施して、3バックの中央を務めた長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)をはじめ、選手たちは柔軟に対応し、軽快な動きを見せていました。個数はいずれも僅少ですが、誠に恐れ入りますがご予約は出来ません。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です